自分でいろいろするよりは、浮気調査は探偵

自分でいろいろするよりは、浮気調査は探偵に頼むという選択がベストです。
探偵に依頼する方が、浮気の証拠を確実につかむことができます。
自ら浮気調査をしてみても、パートナーが浮気していることくらいはわかるでしょう。
しかし、相手に問い詰めても浮気の事実はないと逃げられたら、離婚するに際して有利な条件を引き出せません。
そのためには、絶対確実な証拠が必要です。浮気調査の費用節約というと、ある程度自分で前もって調査しておきたいものです。
調査と聞くと大変そうに聞こえますが、そんなことはありません。毎日のパートナーの行動記録を良いだけです。毎日、出勤していった時間や、帰宅してきた時間、電話が掛ってきたなら、その時間とどのくらい話していたかも記録しておくと良いでしょう。
浮気調査に必要な期間は、平均で3〜4日かかるといわれています。
確認しておきますが、これはあくまでも平均がそれぐらいだという話です。
浮気を疑っているパートナーがとても用心深かったりすると、1週間から1か月くらいまで期間が延びてしまうことがあることも覚悟してください。逆に、浮気する可能性の高い日があらかじめ分かっているなら、調査期間は1日で済むこともあります。
尾行代金の設定が時間単位で行われている場合、尾行をする時間が短い方が、少ない費用になります。したがって、尾行依頼を探偵にするとすれば、日常からパートナーの行動を調べ上げることが重要です。そこで一番おかしな行動をする時間帯や曜日に尾行をお願いすると、余計な手間をかけずに探偵も尾行することができ、お互いのメリットとなります。
プロの探偵に浮気調査を依頼して浮気の証拠を掴んだところで必ずしも「離婚した方がいい!」とは言い切れないのです。
子供がいらっしゃる場合だと特に、配偶者の浮気がどうしようもない事実だと知ったところで離婚などそう簡単にすることなどできません。
養育費も期待するほど貰えないことが多いですし、約束をしても支払ってもらえないことも多いですから、女手一つで子育てをするのはそう簡単なことではありません。反対にそれが男性の場合でもまた同様で簡単に仕事と両立することはできないでしょう。
探偵に浮気の調査を要請して、しっかりとした確証が得られれば、慰謝料の請求は配偶者と不倫相手双方にすることもできます。パートナーが信用できなくなってしまうと死ぬまで一緒にいるとなるとかなりの精神的な負担になりますから、慰謝料をもらって離婚することもありかもしれません。さらに、原因である不倫の相手に慰謝料の請求をしておけば別れさせることも難しくはありません。あなたの配偶者が不貞を犯したら、交際相手を含めた二人に対して、慰謝料を求める事ができます。
しかしそのような場合でも、不倫を始めるより前に、仮面夫婦と化していたり、二人の間に亀裂があったと認められる場合、慰謝料をもらうことはできません。慰謝料の金額は、不倫によってあなたが精神的な苦痛を受けたか、夫婦の歳、結婚年数などいろいろな事を鑑みて裁判官の決定を待つことになります。同一電話番号との連絡を繰り返し、また定期的にまた掛けていたりするとその相手が浮気相手であるという可能性は非常に高いと言えます。それがわかったら電話番号の主を断定することができますね。
ただパートナーの方が機転が効く人物となりますと、浮気相手との電話の後には通話の履歴を削除するということを抜かりなく行うといったような事もあります。
まず探偵について見てみるならば、怪しいと思われることを避けるためにきめ細かく配慮しながら目立たないように調査を進めるのに対して、興信所は多くの場合、企業調査や身辺調査を任されることもあって、自分の目的を話して正面からの調査を行う傾向にあります。目的の人物の動きを把握するのは探偵の方が上手く、対象についての情報収集は興信所が上手いと結論できそうです。どのような服装か確認することで浮気の実証ができます。人が浮気をすると、分かりやすく現れるのは着る洋服の違いです。以前はファッションに対して無頓着だったのに、おしゃれを急にするようになったらよく見ることが重要です。この先、浮気に進展しそうな人や、とっくに浮気のパートナーがいたりするかもしれません。

あわせて読みたい関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ