探偵に浮気調査をお願いして、疑いようもない

探偵に浮気調査をお願いして、疑いようもない明確な証拠が手に入れば、配偶者と不倫相手から慰謝料を支払ってもらうこともできます。
パートナーが信用できなくなってしまうと人生を一緒に歩むのはかなりの精神的な負担になりますから、慰謝料を請求して離婚することは決して悪いことではありません。それに、配偶者の浮気相手に慰謝料を求めれば、間違いなく別れさせられるはずです。プロの探偵に浮気調査を依頼して浮気の証拠を掴んだところで必ずしも「離婚した方がいい!」とは言い切れないのです。
特にお子さんがいらっしゃる場合、旦那、妻の浮気が発覚したからといって離婚などそう簡単にすることなどできません。養育費も期待するほど貰えないことが多いですし、約束をしても支払ってもらえないことも多いですから、一人で育てていくのは容易ではありません。
同様に、父親が一人で育てる場合も仕事と両立しながら上手くやっていくのは難しいでしょう。
SNSを通じて浮気の証跡を見つかることもあります。
SNSは実名を公表しないので相手も思いがけずに、隠すことなくプライベートについてアップしてしまう事が多発しているように思われます。場合によっては、浮気を裏付けるような記載を記入している場合もあるのです。
ユーザーIDを見つけたなら検索してみて下さい。携帯電話の通話履歴から浮気の証拠がつかめますね。理由は携帯が浮気相手に連絡する手段として当たり前のように使われるからです。
最近はメール、LINEで連絡をことも増えていますが、やはり浮気相手の声を聞きたくなるのは当然のことでしょう。
ですから、空き時間に電話することはもちろん考えられます。
離婚も辞さないつもりで、たくさんの慰謝料を取ってやりたいと思うなら、浮気の現場に乗り込むという方法もあります。
その場合でも、自分だけで乗り込むというのは喧嘩になりやすいので、止めるようお願いします。
信頼している人を連れて行けば、頭に血が上って事態を悪化させることがないでしょう。
あなたが信頼できる方がいない場合、探偵に依頼するという方法があります。
どれぐらいの期間、浮気調査にかかるのかというと、普通は3〜4日が目安です。最初に断わっておきますが、これはあくまでも一般的なケースです。浮気の証拠をなかなか残さないタイプのパートナーだと、場合によっては1週間から1か月くらいかかってしまうこともあることも覚悟してください。一方で、浮気するだろうという日が特定済みの場合は、一日で調査が終わるなんてこともあります。
相手が全然知らないうちに、浮気しているという客観的な証拠を掴むためには、技術も機材も、それなりにしっかりしていなければなりません。浮気の現場をしっかり撮ったつもりでも、露出不足で、誰が写っているか分からないようでは証拠にならないのは仕方の無いことです。浮気調査を探偵が依頼されたときは、薄型のカメラなども用いて相手が知らない間にはっきり判別できる写真を撮ります。
探偵が行う浮気調査でも失敗することがないことはないのです。
探偵が浮気調査に精通しているといっても、予期せぬトラブルに見舞われることがごく稀にあります。
相手が急にタクシーに乗ったり、新幹線を使ったり、尾行に気づくこともあるでしょう。
もしくは、浮気調査期間中に不倫相手と接触しない場合には証拠入手が困難です。
浮気調査で自分のご主人や奥さんの浮気が発覚してしまった場合、結婚生活を維持するかどうかなかなか決められずに困りますよね。
それを避けるために、探偵事務所に調査を依頼するよりも先に、あれこれ考えを巡らせておくべきです。夫婦というものは法律上お互いに貞操を守る義務がありますから、不貞を働いたその相手に対して慰謝料を請求して結婚生活を解消するのもいいでしょう。着るものが今までと違った系統になってきたら、浮気の恐れがあります。浮気の相手が好きな格好をしようとしていたり、評価をわずかでも高くしようとしたりしているのかもしれません。
いきなり、年にそぐわないデザインや色の洋服を選んで着るようになりだしたら、相当に危ない予兆です。
服の中でも、きれいな下着を着るようになってきた時は浮気をしているかもしれません。
探偵の比較はコチラ!浮気調査の実績と費用から選ぶ探偵社ランキング

あわせて読みたい関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ