不幸な事に、パートナーが貴方を裏切り

不幸な事に、パートナーが貴方を裏切り、貴方が慰謝料を請求する側になったとすれば、まずは相手のことを知らなればなりませんし、複数回に渡る、浮気の証拠を掴まなければなりません。
貴方が、探偵に助けを求めるのならば、不倫の証拠をプロならではの手段と方法で、貴方に届けてくれますし、適切な形で裁判にでも通用するように、整えて貰えます。
探偵が使うという追跡グッズとは 自分で買うことができるかといえば、買うことができるのです。
一般的には、追跡グッズはGSP端末を用いることが多いのですが、どんな人でもネット等で買うことができます。車に載せるGPS端末は、本来、車の盗難されたときのために付けておくものですので、いかなる人でも購入できるのは当然です。
もし、密会の曜日や時間がわかっているのでしたら、調査に必要な時間は少なくてよくなるので、調査代金はその分安くなるのです。だからといって、浮気の日時をわかっていたとしても、友人を説得して写真を撮ってくれることになっても、骨折り損になることは確実です。
気づかれずに写真撮影を行うには探偵を雇うのが賢明でしょう。
不倫した場合の慰謝料の相場は200万円前後ですが、50万円程度のケースもありますし、400万円くらいのケースもあります。離婚しなくても慰謝料を求めることができますが、額は少なくなります。
さらに、不倫相手の方が配偶者との肉体関係を認めないときには証拠が必要となります。
どの人から見てもはっきりとした不倫の証拠が必要です。探偵事務所の役割は依頼の調査のみすれば終わりというものではありません。
浮気の事実があるのか調査していると、何かしらのトラブルが起こるものです。
そういう時には、依頼した人のことを一番に気にかけてくれる探偵が信用できる探偵ということです。探偵が信用できるか否かは、どのような対応をしてくるのかなどで慎重に決めるとよいでしょう。探偵が行う浮気調査でも失敗したりするようです。
探偵は浮気調査において精通しているとはいうものの、予期せぬトラブルに見舞われることがごく稀にあります。
パートナーが急に車を使ったり、電車に乗ったり、尾行がばれることもあるでしょう。
それか、浮気調査期間中に不倫相手に会わない時には尻尾を掴みようがないです。日頃、相手の行動の様子を目を配っておくのは自分ひとりでも可能ですが、言い逃れのできないような浮気の証拠を入手するためには、専門職としてノウハウを持っている探偵に頼んだ方がトラブルなく、確実に結果が得られます。
そして、探偵をお願いした場合は、単に、浮気の証拠を入手するだけではなく、豊富な経験にから様々なアドバイスをもらえるということも、貴重なことです。
例え、配偶者が浮気している場合でも今後も、パートナーであり続けたいのなら浮気している現場に直接行くことはやめるべきです。
パートナーを裏切ったことがバレた途端に配偶者が浮気を正当化したり、逆上してしまい、別れなければいけなくなってしまうかもしれません。しかも、浮気相手に直接関わった結果、精神的に追い詰められてしまうかもしれません。
例えば、携帯で通話した履歴から浮気の証拠を掴めます。
なぜなら、ケータイを浮気相手との連絡手段に当たり前のように使われるからです。
近年、メールやラインで連絡をする事も多くなりましたが、やはり浮気相手の声を聞きたい、話したいと思う可能性は十分あります。
ですから電話をする可能性ももちろん考えられます。
同一電話番号との連絡を繰り返し、また定期的に取り合っているとなるとその電話の相手が浮気相手という確率はとても高いと言えるでしょう。
そういったことが見受けられたらその電話番号の相手を断定することができますね。
ただパートナーの方が機転が効く人物となりますと、浮気相手との電話が終わったら通話の履歴を削除するということを抜かりなく行うといったような事もあります。

あわせて読みたい関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ