慰謝料を請求するほどに怒り

もし、貴方が不倫などに向き合うことになり、慰謝料を請求するほどに怒り、行動するのなら、相手のことは、ちゃんと知っておかないといけない訳ですし、何回もやっているのであれば、その都度都度の過ちの証拠を手に入れなければ駄目です。
しかし、調査のプロである探偵に依頼したら、探偵は貴方の期待に応え、ぐうの音も出ない形で、鮮明に写しだしてくれるでしょうし、経験に裏打ちされた、間違いのない形で十分な証拠を整えて貰えます。パートナーが浮気していると分かっても結婚生活を解消したくないのなら密会の場面に行こうとするのは避けましょう。
浮気していることを指摘された結果、相手が逆ギレしてしまって、かえって、離婚という結果を招いてしまうこともあります。
加えて、浮気相手と話をしたことによって、精神的に追い詰められてしまうかもしれません。
あまり無いのではないかと言っても言い過ぎではありません。双方とも、浮気調査、身辺調査、仕事内容は類似しています。
とはいっても、あえて言うと、依頼は、企業や団体は興信所に、個人からの依頼の多くは探偵事務所に行っています。自分でやみくもに動き回るよりは、浮気調査は探偵に頼みましょう。
経験豊富な探偵に依頼したら、欲しい浮気の証拠がつかめます。素人が調査をしてみても、配偶者が浮気をしているという事実はすぐに出てきます。しかし、相手を責めたてても「そんなことはしていない」と浮気を認めなければ、離婚するに際して有利な条件を引き出せません。有利な条件の離婚には確実な証拠がどうしても要ります。
探偵について、その特徴を考えると、怪しむ人のないように充分に用心しながらいわば地道な調査方法を取りますが、興信所の特徴として身辺調査や企業調査が多いために、興信所から来たことを明かして表立ってリサーチを行うようです。そういうわけで、個人の行動を調べるには探偵が向いており、対象についての情報収集は興信所が上手いと考えることができます。

あわせて読みたい関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ